「水を飲むのが苦手」を克服する方法

ダイエットの学校 堀です。

この記事では「水を飲むのが苦手」と言うお悩みを、
どう克服すればいいのか?と言う点について書いています。

「水を飲むのが苦手」を克服する方法

1・なぜ水を飲むのが苦手なのか
2・水が不足していると起こりうる問題
3・水嫌いを克服したきっかけ
4・水を飲めるようにする工夫

1・なぜ水を飲むのが苦手なのか

実は私も水を飲むのが苦手だったのです。

水を飲んだ方がいいのは何となく分かっていました。

だけど、喉を通らない。

コップ1杯の水で、
溺れそうな…苦しい感じがしていました。

飲みにくい…。

コーヒーだったら飲めるのに、水はその何倍も飲みにくいモノでした。

当時のことを振り返ってみれば…?

私の場合、水道水に嫌悪感があったのかも知れません。

子供の頃の記憶が蘇りました。

夏休みの間、1週間くらい大阪の親戚のお家にお泊まりして、
いつもと違う日常を楽しんでいたのです。

その当時の大阪の水が「超」が付く程、まずかったのです。

子供心に「毒?!」と反応するくらいでした。
おそらく「カルキ臭」だと予測されます。

もしかしたら、この事件がきっかけになっていたのかも…。

「水…飲まない方がいい気がする。」

もしかして、あなたにも何らかのきっかけが無いでしょうか?

その出来事から、何年も経過していて、
今の環境は変わっていませんでしょうか?

2・水が不足していると起こりうる問題

これは実にたくさんあります。

ザッと挙げてみます。

便秘・頭痛・ドロドロ血
カラダの痛みを引き起こす
ドライアイ・ドライスキン・ドライマウス

そしてもちろん老化…。

美容面から考えても…?

「カラダの中から潤す」コトが出来ていない訳です。
と、言うことは?

シワ、タルミ、シミなど
更に気になる要素が増えてきます。

ドロドロ血によるリスクを考えると脳梗塞や関節痛など、
将来への健康への不安も大きな問題になってきます。

また、カラダの仕組みと致しまして…。

カラダの中で起こりうる化学反応は
全て「水」を介していると言われています。

ここで覚えておいて欲しいのですが、
このカラダが起こす化学反応に必要なのは…。

「水分」ではなくて「水」であると言うコト。

「H2O」をカラダは必要としている…と言うコトです。

お茶やコーヒーは「H2O」ではないですよね?

「H2O」を求めているあなたのカラダ…。
あなたの力で助けてあげませんか?!

3・水嫌いを克服したきっかけ

ではここで、
私が水嫌いを克服した方法をお伝えします。

なぜ私が水嫌いを克服できたのか?!

結論から先に申しますと。
「水飲みダイエット」が流行ったから…です。

散々流行のダイエットに手を出し、
ことごとく失敗してきた私ですが…。

唯一「有り難かったな~!」と思える流行したダイエットが
「水飲みダイエット」です。

その当時、スーパーモデルさん達が
ミネラルウォーターを、こぞって飲んでいたのです。

その時です。

「硬水」と「軟水」の違いを知ったのは…。

当時、一番もてはやされたのが「コントレックス」でした。

「硬水」がダイエットにいいよ!と言う謳い文句でした。
(私的にはコントレックスはちょっと飲みにくかったです。)

他に有名どころと言えば…?

ボルヴィック・アビアン・クリスタルガイザー・
ペリエ・ヴィッテルなどでしょうか?

そのボトルの水を飲んでる自分がカッコいいと思えたのです。

「モデル達も飲んでるからね!」
「その恩恵は私にもあるよね…!」
こんな下心から始めました。

もちろんすぐに、1日何リットルも飲めるようになった訳ではありません。

最初の設定はコップ1杯の水で溺れそうな感覚の私でしたが…。
ちょっとずつ…ちょっとずつ…飲めるようになっていきました。

そしてミネラルウオーターをどれにしようか、お店に見にいったり。

1本ずつ違う種類を試したりして、遊び感覚で楽しんでる間に…。

気づいたら飲めるようになっていました。

私が体感したポイントは…。

ミネラルウオーターには、水道水のような恐怖心はない。
モデルも飲んでると言う素直に信じれる影響力を受けた。
「飲んでみたら飲めた!」と言う結果。

そして「飲めるようにならないとカラダに良くない」と言うことは
何となく分かっていたので、飲むるようになって良かったと思った!

これらの経験を経て
「水を飲んでる自分が普通」と言う設定になっていったのです。

4・水を飲めるようにする工夫

【ルーチン化する】

「水を飲むのが苦手」を克服したいと言うことは、
飲めるようになりたいと言うことですよね…。

ならば習慣化する必要があります。

・朝起きたら水を飲む
・お風呂の前後に水を飲む
・お腹が減ってきたな~と思ったら水を飲む
・寝る前に水を飲む
・コーヒーを飲む時、アルコールを飲む時に水も飲む

これらのルーチンは全てカラダにとってのメリットがあります。

(詳しくは各リンクをクリックして下さい)

【楽しみながら飲めるようにする】

近くの100均で200ミリの紙コップを買って下さい。

それを1日1個使います。

そして、その紙コップ1杯分を飲み終わったら、
紙コップに正の字を書いていってカウントしていきます。

例えば、正の字が出来上がったら…。

200ミリ×5なので1リットルクリアです。
目で見てわかるので、気づきやすいです。

「わ!今日はすんなり飲めてる!」
「やった!2リットル達成!」など…。

自分を褒めることが出来ますし、自然とやる気が出てきます。

【水について知ってみる】

例えばペットボトルで売っている、ミネラルウォーターにも種類があります。

「ナチュラルミネラルウオーター」
「ナチュラルウォーター」
「ミネラルウオーター」
「ボトルドウォーター」

これらの違いを知ってみることで、
オトナ女子なあなたの知的好奇心を満たすことが楽しくなってきます!

あなたが知ってみたことによって、
得た知識や情報を自分の為に取り入れるコトで、

自分を大切にしている自分が好きになってきたりします。

この項目が大事なポイントかな~と思います。

あなたが「やって見たいコト」「出来るコト」からで良いので、
お水を飲めるあなたに変わっていって下さいね!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

まずはメール講座から始めませんか?

無料メール講座はこちらから