アラフォーでもダイエットできますか?!

ダイエットの学校 代表の堀です。

先日、美容院に行き、
新しい発見をしました。

髪を巻く時、熱がないと形が持たないと言うコト。

「うそ…!」

全然知らなかった!
今までずっとカーラーだけで巻いてて、
あとはスプレーやミストで
どれだけ固めるのかがポイントと思っていました。

やはり、プロの話は説得力があります。
早速、ホットカーラーを買いました!

「熱がいるなんて、知らなかった…。」

今日のテーマ
【アラフォーでもダイエットできますか?!】

もちろんダイエットできます。

現に私も今が、
自分史上最高で一番細いですから。

ご安心ください。

では説明して行きます。

カラダって、いつまでも若いままですか?
と、言うことを一度、考えて見ましょう。

アラフォーになってくると、
徐々に老化の現象が見えてくると思います。

顔にはシワやシミ、たるみ。
白髪も出てきたり…。

もちろん、体にも余分なお肉がついてきたり、
お肉がたるんできたり。

こんな症状は目に見えるので分かります。

・・・・・・・・・・

だけど考えてみて下さい。

体の外で起こっていると言うことは、
外側だけの問題ではなく、
皮膚に隠されている体の内側でも起こっています。

分かりやすく言いますと…。

心臓もアラフォーになっている訳です。
ちょっと歳をとってきてる訳です。

「昔みたいに
元気いっぱいに血液を送れなくなってきた…。」

とか、思っているかも知れません。

皮膚だったら
「最近、新陳代謝するの、ゆっくりしか出来なくなってきた…。」

とか、思っているかも知れません。
筋肉だったら
「最近、刺激がないから、役に立ててるのかどうかで悩んでる…。」

私には、このような声が聞こえてきます。

遠からず、当たっているかと思います。

・・・・・・・・・・

若さを保つ努力を体の内側の為にも!

体の働きをあなたの意思で助けてあげて欲しいのです。

例えば…。

1・足りない栄養素を補うために、サプリをとる。
(食べたものをなかったことにするサプリとかではなく
栄養メインで考えて下さい。)

2・運動不足を解消する。
(激しい運動は、運動が好きな方だけに任せておきましょう。
日常で出来る、歩くことやラジオ体操程度で十分です。)

3・関節の動く範囲をキープする。
(関節の動きも大切です。動かさないと正座ができなくなったり
日常の動きに制限が出てきます。)

4・脳をリラックスさせる。
(一人の時間を作る、好きなことをやってみる…など。
ストレス解消を心がけて下さい。
ストレスは血管を収縮させるので、血流が悪くなり
代謝の邪魔をします。)

5・たまには食事を減らす。
(これは減量という意味ではなく、内臓を休ませるという意味で。)

6・皮膚に栄養を与える。
(皮膚にも栄養は必要です。出来るお手入れをしてあげて下さい。)

7・髪に栄養を与える。
(同じように髪にも…。「
老毛」や「アンチエイジング毛」なども最近話題になっています。)

…他にも色々あると思いますが。

時々、チェックしてあげて下さい。

・・・・・・・・・・

さーて。
このようにケアをしてあげることで
あなたが手にいれるメリットについてです。

若い頃の血流やリンパの流れを取り戻す!!!
これが最大の目的です。

細胞レベルで元気になるので、
若い頃の血流や、リンパ流を作り出してくれます。

もう一歩、踏み込みますと…。
基礎代謝がアップして、低下した新陳代謝を向上させてくれます。

つまり「活性化する」ということで
体の中のアラフォーの現象を若くしていくんです。

すると自然と痩せやすくなり、
アラフォーであっても痩せることは難しくありません。

もちろん、体の中から元気になって行きますので
今まで以上に行動も出来るかも知れませんし…。

元気になったら
「何かをやろう!」という気持ちにもなります。

ダイエットは決して、食事制限や運動だけが全てではない。
しんどくない方法で痩せることは十分にできます。

・・・・・・・・・・

何年もの間、私はカーラーで髪を巻いて
スプレーで固めることしか知りませんでした。

そして、出来栄えはと言いますと
時間とともにカールがなくなる…。

キレイな「巻き」の人はどうしてるんだろう?
髪の質かな?
もっとハードな固めるスプレーでもあるのかな?

こんな疑問もありました。

ただ、1つ。
「熱を加える」ということを知らなかっただけ…。

今日、あなたには
「体の中のアラフォー現象を若くして痩せる」という
簡単な方法を知っていただきました。

体の仕組みを使って痩せていく方法をこれからもご紹介して行きます。

ぜひ、出来るところ、簡単なところから取り入れてみて下さいね!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

まずはメール講座から始めませんか?

無料メール講座はこちらから