添加物をいっぱい摂っている人は太る・2

おはようございます。

ダイエットの学校 代表の堀です。

 

引き続き添加物の話です。

日本は添加物大国だというコトはご存知でしたか?

 

別名「世界のモルモット」とも言われています。

 

日本と同じような先進国と比べて、

認められている数が、異常に多いんです。

 

日本 803種類

アメリカ 140種類

イギリス 14種類

 

この様な状態です。

 

なので、完全に避けて通ることは

普通の生活ではできないと思われます。

 

具体的にどんな種類があるかというコトですが。

 

1・化学調味料(美味しくするモノ)

2・保存料(カビや腐らせない為のモノ)

3・Ph調整剤(変色や退色の防止)

4・乳化剤(2つの物質を混ざりやすくするモノ)

5・発色剤(美味しそうに見せるモノ)

6・イーストフード(パンをふわふわさせるモノ)

7・甘味料(甘みやコクを出すモノ)

 

このように様々な種類が使われています。

普段、美味しく感じているモノが

なんだか怖く思います。

 

今日のテーマ

【添加物をいっぱい摂っている人は太る・2】

 

では今から太る理由を説明していきます。

 

【理由1】

 

添加物=体にとっては「毒物」です。

解毒しないといけない訳です。

 

解毒は肝臓の役目。

 

肝臓は栄養を蓄えておく倉庫の役目と

それをエネルギーとして使う役目もあります。

 

毎日毎日、長きに渡り、

添加物を大量に送り込まれると、

肝臓も疲れて来ます。

 

体は生きること優先なので

「解毒」の仕事が先になります。

 

と、いうことは段々と貯めてある栄養を

エネルギーとして使えなくなり

溜まる一方になります。

 

当然、太っていきます。

 

【理由2】

 

それに加えて、「毒」を処理する時に

大量のビタミン・ミネラルも消費しますので

これも代謝を下げる理由になります。

 

【理由3】

 

また、添加物は腸壁を傷つけるので

腸内環境が悪化し、代謝が悪くなります。

 

今、流行りの「腸活」

腸を元気にして

出す力をつけて痩せよう!

という働きの邪魔をしてしまいます。

 

【理由4】

 

最後ですが酵素の話です。

 

「酵素」は消化酵素・代謝酵素・解毒酵素

この3つに分かれます。

 

「消化酵素」は食べたものを消化する為に使われます。

 

「代謝酵素」は栄養の吸収・脳を正常に働かせる

筋肉を動かす・老廃物の排泄など、

代謝・活動に関わることに使われます。

 

「解毒酵素」添加物など、

体に有害なモノを解毒する為に使われます。

 

ダイエットには「酵素」がいい!という理由で

酵素ドリンクなどを飲む理由は

代謝を上げたいからですね。

 

添加物をたくさん摂って

「解毒」にばかり酵素を使ってしまうと

酵素が不足し、

必然的に代謝が悪くなります。

 

添加物はもともと地球にはなかったものです。

自然じゃないモノが体に入るというコトは

体に対しては、

そうとう迷惑をかけていそうですね…。

 

なるべく摂らないようにして

代謝の良い体でいたいですね!

・・・・・・・・・・

8月、大阪・西中島で
「ダイエットセミナー」を開催致します。

何をすれば良いのか分からない、

何をやっても成果が出ない…そんなお悩みゾーンから

抜け出して頂けます!

◆8月27日(日)

10:30~12:30/17:30~19:30

地下鉄・御堂筋線「西中島駅」徒歩3分です。

各回、5名様となっております。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

まずはメール講座から始めませんか?

無料メール講座はこちらから