痩せる体質作り・外部の気温から体を守って体温を上げる

ダイエットの学校 代表の堀です。

先日、土用の丑の日にウナギを食べました。

さて、ここで復習です。

「ウナギ」は体を温める食材でしょうか?

冷やす食材でしょうか?

 

答えは下の全体像の7or8に書いてありますよ。

 

【痩せる体質になる方法 体温を上げる・全体像】

1・仙骨にカイロを貼る
2・筋肉が必要
3・肺活量を増やす
4・青魚を食べる
5・カプサイシン(唐辛子の成分)を摂る
6・マグネシウム(ミネラルの1つ)を摂る
7・体を温める食材を摂る
8・体を冷やす食材を摂らない
9・外部の気温から守る
10・適度に体を動かす
11・ストレスをためない
12・添加物を避ける

今日のテーマ
【痩せる体質作り・外部の気温から体を守って体温を上げる】

通勤電車やオフィスの冷房で
悩まされている方も多いみたいです。

この前「休憩室が21度だった。」
という方がおられました。

どんだけ
冷やすんですかー?って聞きたくなります。

冷え性の方は特に
夏場でも薄手の腹巻をされたり
靴下をはいたりして、
冷えから守って頂きたいと思います。

私は今年から
扇風機を使うように気をつけています。

去年は、ほぼ24時間
エアコンをつけていました。

その方が電気代が安いという
都市伝説?みたいなのを調べたくて。

(確かに安く感じましたが、
この件に関しましては、正確かどうかは分かりません。)

なぜ、今年は扇風機にしたのか?という
ところなんですが。

エアコンだと、冷気が下に集中します。

私はむくみ対策&冷え防止で
段階着圧の靴下を1年中履いているのですが。

その効果を無かったものにするくらい
脚が冷えてきて、だるい。

「誰か、脚もんでー。」って思うくらい。

誰ももんでくれないので、
自分で麺棒で押しました。

「こんなだるいの、いや…」と思ったのが
きっかけです。

そして、1回 エアコンを切って
扇風機にしてみたんです。

次の日から、
脚のだるさを感じなくなりました。

「扇風機、いいかも!」

・・・・・・・・・・

それと、同時に気になっていたのが
二の腕です。

いつも二の腕が冷たくて。

どうしてもエアコンの風があたってしまう。

二の腕のサポーターがあったので
それをつけて見たりして。

「あったかくて気持ちいい…。」

・・・・・・・・・・

怖いのは脂肪がつく…という点です。

脂肪は断熱材の役目があるので
体で冷たいトコロがあると脂肪をつけて
冷えから体を守ります。

「脚」にも「二の腕」にも
脂肪がついたら困る…。

脂肪、ついて欲しくない!

この様な経緯があって
今年は扇風機を使っています。

いったん、エアコンで部屋を涼しくして
(30分~1時間くらいで部屋は冷えます。)

快適な温度になったら扇風機でしばらく過ごします。
(窓は開けません。)

また暑くなってきたらエアコンをつけます。

良かったら一度、試してみてください。

・・・・・・・・・・

かと言って、通勤電車やオフィスでは
そうはいかないですよね。

私も昔は夏なのに
通勤電車の冷房対策で
デニムを羽織っていました。

腹巻・靴下・二の腕のサポーターは
おススメします。

他にはリストバンドやレッグウォーマー、

ストールなどもあります。

ぜひ、あなたの体を
外部の気温から守ってあげて下さいね。

 

8月、大阪・西中島で
「ダイエットセミナー」を開催致します。

何をすれば良いのか分からない、

何をやっても成果が出ない…そんなお悩みゾーンから

抜け出して頂けます!

◆8月27日(日)

10:30~12:30/17:30~19:30

地下鉄・御堂筋線「西中島駅」徒歩3分です。

各回、5名様となっております。

 

365日 楽しく痩せるストーリーをあなたにお届けする

「ダイエットの学校 無料メール講座」はコチラです。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

まずはメール講座から始めませんか?

無料メール講座はこちらから