痩せる体質作り6・マグネシウムを摂って体温を上げる

ダイエットの学校 代表の堀です。

 


本日のテーマ
【痩せる体質作り・マグネシウムを摂って体温を上げる】

まずはマグネシウムとは何?
というトコロから。

マグネシウムはミネラルの一種です。

では、そのマグネシウムは
「いったい何をしてくれるの?」という点です。

・骨の形成や体温、血圧を正常に保つ働きがあります。

・血液循環を良くするには、欠かせない栄養素です。

・血液循環が良くなれば、体温はあがります。

・基礎代謝も正常に導いてくれます。

・腸に水分を送り込むこともしてくれるので
便秘の方にもおすすめです。

・細胞の水分調整も出来るので

むくみにも効果が期待できます。

 

 

マグネシウムはあなたの体の中にもあるんですが
(骨にあります。)

量が少なくて、すぐに足りなくなります。

足りなくなってくると、

「疲れやすい」
「集中力が無くなる」
「脚がつる」
「イライラ」
「便秘」
「片頭痛」などの症状が起こります。

思い当たる点はないでしょうか?

 

マグネシウムは単体で摂るよりも
カルシウムとの比率が重要になってきます。

カルシウム2:マグネシウム1の割合が
理想だと言われています。

ただ、日常生活の中で
この比率を測定することは難しいです。

「マグネシウムは不足しがちなので意識して摂る」
というポイントを覚えておいて頂けたらと思います。

では、どれだけ足りないの?という疑問が出てきます。

先進国人口の80%が

「マグネシウム欠乏症」と言われています。

では何故、こんなに多くの人が
マグネシウムが足りないのか?という点ですが。

アルコールを良く飲む
砂糖を良く摂る
加工食品を良く摂る
ストレスなどが原因です。

 

足りない人が多いと言うのも納得できますね。

と、言うわけで、

マグネシウムが多く含まれている食品を
積極的に摂った方が良さそうです。

【マグネシウムが多く含まれている食品】

ナッツ類、ヒジキ、わかめ、納豆、豆腐
ゴマ、バナナ、ほうれん草、
アボカド、緑黄色野菜などです。

 

 

まとめます。

・血行が良くなり、体温が上がる

・基礎代謝を整えてくれる。

・便秘・むくみにもお役立ち

・足りないと嬉しくない症状が出てくる。

・足りていない人がほとんどなので、

積極的に撮る。

 

普段あまり意識しないマグネシウムですが、

メリット、多いですね。

 

比較的、取り入れやすい食品なので

是非、意識されてみて下さいね!

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

まずはメール講座から始めませんか?

無料メール講座はこちらから