痩せる体質になる方法 体温を上げる・その1

こんばんは。

ダイエットの学校 代表の堀です。
昨日、サンダルを買いました。

足首の前でリボンを結ぶタイプのモノ。

かわいいんですけど、このリボンが難関!
キレイに見栄え良く結ぼうと思ったら、

頭が知恵の輪状態になり・・・。

何回履く気になるのかなと。

デザインに負けてしまいました!

今日のテーマ

【痩せる体質になる方法 体温を上げる・その1】

「代謝」を上げる方法も知りたいですけど、

「体温」を上げる方法も知りたいです!

と、リクエストを頂きましたので

早速記事にしてみました。

まずは、体温について、少し学んでみましょう。
最近はデジタルの体温計がメインですが

昔の水銀の体温計、覚えていますか?

私は今でも水銀体温計を愛用していますが、

水銀体温計は37度で赤線が引かれています。

 

(ちなみにこの写真は、ある日の私の真面目に測った体温です。)

この赤線の意味、ご存じですか?
「平熱と発熱のボーダーライン?!」

では、ないんですよ。

「ここが平均体温です。」

という意味で赤線が引かれています。
あなたは大丈夫ですか?

 

【体温が低いことのメリット】

まず見当たりません。

【体温が低いことのデメリット】

1・冷え性で悩む。

ダイエットに励むあなたなら、

カッコイイボディを目指していることだと思います。
体がいくらカッコよくなったとしても
「寒い寒い!」と言って、スタイルのいいあなたより、

「体温高いから痩せやすいわっ!」と言っているあなたの方が

絶対カッコイイ!と、私は思います。

「ダイエットに成功し、健康も意識してる人」って憧れます。
カッコイイあなたになって頂けるよう

記事の更新、ガンバリマス!!

2・代謝が落ちる。

1度下がると基礎代謝が12%ダウン。
ダイエット中は少しでも代謝を上げたい時なのに、

低い体温が、あなたの努力の邪魔をしてしまいます。

3・免疫力が落ちる。

1度下がると30%ダウン。

けっこう厳しい判定で免疫力が落ちます。

それだけ体は体温を下げることを嫌うと取るか?

体温が下がるとそれだけのリスクを負うから

体温を下げないでと言う体からのメッセージなのか?

30%は大きいですね!

4・内臓の温度も低い為(=血液循環も悪い)

老廃物が排出できない。

ダイエット中はデトックスにも励んで、体の巡りを良くしたい時。

要らないモノを抱え込んでおくことは

ダイエットの効率が悪くなります。

5・体内の酵素がうまく働かない。

もしかして、低体温のまま酵素ドリンクを飲んでいるとしたら?!

効果は出るのでしょうか?!

このように体温が低いことのデメリットは結構厳しめかなー思われます。

なぜなら、あなたの命に直結するからですよ。
これから何度も言うかも知れませんが

体はあなたに明日も生きてもらうことが使命だからです!

それでは、お待たせしました!!
体温を上げて、痩せる体質になる方法

色々あるのですが、

今日は「今すぐ体温を上げる!」

って言うモノをお伝えします。

「仙骨」にカイロを貼る!

そもそも「仙骨」ってどこ?!

「仙骨」とは、お尻の割れ目のすぐ上にある、

こんな形をした骨のことです。

 

「え?!」ですか?

仙骨をなめてはいけません。

仙骨は、「体のあらゆるセンサーの集合してる場所」

とも言われています。
治療家の方でもツワモノは、

仙骨しか見ない先生もいるくらいです。

この「仙骨」周辺には、

神経や血管が集中しています。

なので、仙骨を温めることによって

全身の血行が良くなります。

血行が良くなると勝手に体温は上がります。

私も記事を書きながら思い出して

カイロを張っていますが・・・。

「気持ちい~。」

「冷えてたんだ~。」

「癒される~・・・。」

という事を確認しながら、更に筆を進めます!
ちなみに仙骨の場所を確認できたなら

ご自分で優しく押してみるなど、

マッサージしてみてください。

極上の癒しです。

今年はまだ涼しい方ですね。

去年は5月にエアコンつけたことを思い出します。

今年ならまだカイロは貼れます。

体温が低いことの怖さを知った頂いたあなた。

去年のカイロ、1個くらい残ってますよね?

今すぐ貼ってみてください!

10秒で出来ますから。

最後にリフレインしておきます。

「仙骨」周辺には、

神経や血管が集中しています。

仙骨を温めることによって、

全身の血行が良くなります。

ぜひ、試してみてくださいね!

太っていた頃の、私の暗い過去のレポートや簡単なワークなどが盛りだくさん!

今すぐ無料で手に入れてください。

【学んで痩せるダイエット】無料メール講座はコチラです。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

まずはメール講座から始めませんか?

無料メール講座はこちらから