簡単にダイエットできる方法

ダイエットの学校 代表の堀です。

この記事では普段の生活の中で、
どのように工夫すればダイエットに繋がって行くのか?と言う点についてお伝えしています。

簡単にダイエットできる方法

1・まずは気持ちよく起きる!
2・前の晩に食べたものは消化し終わっているかどうか?
3・体を目覚めさせる為に「水」を飲む!
4・体重&体脂肪測定

1日1日、自分のカラダの為に、あなたは何を選んであげていますか?
というトコロが大切なポイントです。

朝・昼・夜の順に見ていきたいと思います。

この記事は【朝編】です。

【朝】

1・まずは気持ちよく起きる!

 

気持ちよく起きる為には、「前の晩に夜更かしをしていないコト」が前提となります。

もし、あなたが朝の目覚めが悪いなら…?

気持ちよく起きる為に、質の良い睡眠を意識した方が良いと思います。
(ダイエット成功と睡眠に関して、詳しくはコチラです!)

2・前の晩に食べたものは消化し終わっているかどうか?

ここでは2つのチェック方法をお伝えします。

【1】お腹の張り具合

この機会に是非、朝のお腹の「張り具合」を意識してみて下さい。

まず、見た目的にはどうでしょう?

お腹、ぺったんこになっていますか?

朝起きて、まだ何も食べていないのに、
まだぽっこりしたままではないですか?

感覚的に、まだ食べ物が残ってるような、どんよりとした
重い感じはないでしょうか?

「重い感じ…。」

この「重い感じ」を感じて欲しいのです。

感覚って大事です。

感覚って「無意識にしているカラダとの会話」だと、私は思っています。
何かしら、あなたに伝えたいコトがカラダにはあるのです。

「これだったら私は快適だよ。」とか、
「こうなったらしんどいよ。」みたいな…。

こんなメッセージを伝えているのが「感覚」なのではないかなーと思います。

「感覚」が鈍っていると太っていきます。
「感覚」が分かるようになると自然と痩せていきます。

これってどんなダイエット法を知るよりも最強だと思っています。

【2】お腹の減り具合

次に「お腹の減り具合」を意識してみましょう。

あなたは「お腹すいたー!」って感覚、
最近いつありましたでしょうか?

空腹感の手前?!
お腹ぺこぺこの1歩前?!

この状態のカラダって、とても調子が良いです。

カラダが軽く感じます。
なんか、カラダが軽いんですよね~(^^)っていう感じ。

もちろん気分もいいですよ!

あなたも一度、この感覚を体験してみて下さい。

朝の「お腹の減り具合」を意識しだすと、
前の晩にそんなにも量を食べなくてもいいコトが分かってきます。

「あ…なんかこっちの体の感覚の方が好きかも?!」って思えたら?
そしてその方がカラダが快適だと思えるコトが出来たら?

今までが、食べ過ぎていたコトに気づきます。

そうと分かったなら、
あなたは自分のカラダの為に、何を選んであげますか?

今までが食べ過ぎだったコトに気づいたあなたは、
今よりも少ない量の食事にしようとするでしょう。

この少ない量にした食事が、これからのあなたの普通の量になっていきます。

これに気づけることって大事です。

「誰かに言われて…。」とか。
「本やネットで見たから…。」と言うレベルでは…。

その時は「気をつけよう」とは思うものの、まず実践しないと思いますし、
続けるコトも出来ません。

あなたが感じることが全てです。

何をやっても痩せない場合、食べている食事の量が、
無意識レベルで多いのかも知れません…。

お腹が空いて目覚めるのが理想的ですね。

・・・・・・・・・

3・体を目覚めさせる為に「水」を飲む!

お水を飲んでカラダを目覚めさせるコトについてですが、
お水を飲んで欲しい理由は2つあります。

【1】水分補給

人は睡眠中にはコップ1杯の汗をかいると言われていますし、
汗だけではなく呼吸によっても水分は奪われています。

カラダの中が水不足でカラカラになってる状態です。

「カラダの内側からキレイになりたい!」
よく女性誌で取り上げられているテーマですよね。

カラダを「中から潤すコト」はもはや必須項目です。

朝イチの「水を飲むコト」は、あなたの朝のルーチンに入れることをオススメします。

もし、水を飲むのが苦手…という方は…。
(「水を飲むのが苦手」を克服する方法についてはコチラです!)

【2】朝イチにミネラル補給

寝ている間にカラダの中では、様々なコトが
リニューアルされたりリセットされたりしています。

あなたが寝ていても心臓は動き続けています。
晩に食べたものを消化してくれています。
飲んだお酒も分解してくれています。

カラダの各器官や組織の修復をしたり、
細胞や血液も作り続けられています。

あなたが寝ている間もカラダは働き続けてくれているので、
不足してきたミネラルを補給してあげたいトコロです。

4・体重&体脂肪測定

体重の測定については賛否両論です。

見た目が大事だから、体重を計る必要はないと言う方も多くおられます。

ですが…。

痩せたい目的は、
そもそも体重が気になっているからではないの?って私は思います。
(もちろん体型も気になってはいます。)

何キロ太っちゃったとか…。
今年中に何キロになりたいとか…。

もしあなたも同じようなお悩みがあるのだとしたら…。

「体重の悩み」をクリアしてからの「体型の悩み」へ移行することをオススメします。

なぜならダイエットを続けているからといって、
順調に痩せて行く保証はどこにもない訳です。

例えば「体重は気にしない」「だから体重は図らない」と決めたとします。
その後1ヶ月して、久しぶりに体重を測って見たら
3キロ増えていたとしたらあなたはどう思いますか?

ショックではないですか?!

あなたは痩せたいと思っているのに…。

なんで…。
せめて2キロの時点でどうにか出来なかったのかなって、かなり落ち込みます。

ここで、先ほどお伝えしました「感覚」を使って欲しいのです。
カラダからのメッセージです。

体重はバロメーターの一つに過ぎませんが、気づきを得ることが出来ます。

昨日、そんなに食べていないのに増えてる…なんて日もあります。

「あなたはそんなに食べてないと思ってるかも知れないけど、
実際に体重が増えてるよ」と言うカラダからのメッセージです。

何でかな~と思ってヨクヨク考えてみると…。

「食べたコトを忘れてるモノ」って結構あったりします。
無意識レベルで食べていたものがあったと言うコトに「気づくコト」が大事。

もしあなたが「何で痩せないのか分からない」って思ってるのなら、
必ずこの様な原因があります。

なので気づいて修正するためには、早いに越したことはありません。
悩む時間なんて少ないほうがいいと思うからです。

と、いうコトで…。

私は毎日体重を計ることをオススメしています。

「5キロ痩せたい」「10キロ痩せたい」と言うお悩みを持っておられる方が、
圧倒的に多いと言うこの事実。

とにかくなりたい体重になって…。

3キロ太っちゃったと言う人は、その3キロを戻す。
今年中に50キロになりたいと言う人は、その50キロになる。

その後、ボディラインを整えていく方が精神衛生上、
うまく行くのではないかな~と私は思います。

【編集後記】
ダイエットにつながっていく朝の工夫をまとめます。

1・まずは気持ちよく起きる!
2・前の晩に食べたものは消化し終わっているかどうか?
3・体を目覚めさせる為に「水」を飲む!
4・体重&体脂肪測定

まずはあなたの朝の生活に、
取り入れられそうなトコロから始めてみてください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

まずはメール講座から始めませんか?

無料メール講座はこちらから