ジムに行けばダイエットは成功するのか?

ダイエットの学校 代表の堀です。

 

今日は気持ちの良い気温です。

青空です。

昔に比べて青空の日が減ってる気がします。

 

すこしぼんやりと雲を見てきました。

子供の頃は良く雲を眺めていたなー

なんて思い出しました。

 

上の方にある雲と、前に遠くに見える雲・・・。

感じが違ってて、地球ってなんだかすごいんだなって

思いました。

 

とてもきれいな空でした。

 

あなたも時にはゆっくり雲を見てみて下さい。

癒されました。

 

今日のテーマ

【ジムに行けばダイエットは成功するのか?】

 

会社に勤めていた頃の話です。

今よりまだ3キロくらい太っていました。

 

ある日、不純な動機で

ジムに行こうかなと思いました。

 

ちょっとだけ好きな人がいて、

その人がジムに行ってるのを知って

「私もジムに行ってるんですよー。」

という一言が言いたくて。

会話したかったんです。

「ジムに行ってる」という共通項を持ちたかった。

それがジムに行った理由でした。

 

「ジムに行ったら、あぁですよね。こうですよね。」

という会話がしたかったんです。

 

そして

「ついでに」痩せたらいいなー

と思っていました。

 

ジム本来の目的は運動したいとか

痩せたいとかのはずなのに。

私にとってそれらは

「ついで」で良かったんです。

 

会話したいという下心の為に

入会金や月会費を投資しました。

 

お陰様で会話は出来ましたが、

そこまででしたね。

 

ここからが本題です。

あなたが今、ダイエットの為にジムに入会しようかなと

思っているのなら聞いておいて欲しい話をします。

 

メンタルがかかわってきます。

 

もともと、運動は嫌いな方なので

なるべくしんどくないコトをやっていました。

とにかく運動神経が悪いので、

運動してる姿を人に見られたくないです。

 

スタジオのメニューも

時間ギリギリに入って、すみっこに紛れ込むとか。

 

マシンを使うのも気を遣いました。

こんなやり方では、ツワモノ達は心の中で

笑ってるんじゃないの?とか。

 

あのマシン使いたいけど

いつ空くのかなーと、何気なく

チラ見もしないといけません。

 

マシンのコーナーでは

筋トレ命!みたいなメンズがいて

「はぅ!」みたいな掛け声?が

気持ち悪く思っていました。

 

そんなにしなくてもいいんじゃないですか?

手首にベルトなんか巻いちゃって

大げさな人ね…みたいな。

 

そんな人間ウオッチングやら

人目を気にしたりやら…。

余計な神経ばかり使って

そっちの方が疲れました。

 

プールはプールで大変です。

「水着&大き目のタオル」

という荷物がその日は増えます。

 

キャップはもちろん、

ゴーグルもつけないといけません。

絶対ウルトラマンみたいになります。

「こんなのつけたくない。」

 

プールを出たらドライヤーです。

髪の毛とかほったらかしの人も多くて。

洗面台もびしょびしょのままだったり。

それを見るのが嫌でした。

 

あとはお風呂です。

だいたいサウナには「主(ぬし)」みたいな

人がいます。

 

あれはなんでなんだろう?と

いつも思います。

すごく気を使います。

 

ジムも数か月経つと

スタジオの時間割が変わります。

 

今まで「初心者エアロ」だった枠が

「上級者エアロ」に変わった時には、

その時間帯は

ランとエアロバイクしか

出来るものが無くなりました。

 

まだあります。

人気のインストラクターを

いかに捕まえて話をするか?

こういう空気も

見え見えです。

 

「つまらん。」

「気をつかうことばっかり…。」

 

だんだんこんな気持ちの日々が続き、

足が遠のきます。

月に0回なんてコトが多くなります。

 

ジムの怖いところは

月会費が通帳からの自動引き落としのため

勝手に支払いをしているので

さぼっているのに損した感覚に

あまりならないんです。

 

数か月、幽霊会員で最後を終わりました。

もったいないことをしました。

 

真面目に通った訳でもないので

成果も得られませんでした。

ただ、通ったという経験にはなりました。

 

これらのことを知って頂いて

「私は平気!」

で、続けられそうならジムもありかと思います。

 

私的には、

「ジムとはかなり気をつかう場所である」

 

細かい話ですが

仕事帰りに寄るなら

荷物が倍に増えます!

これだけでまぁまぁへこみます。

 

そして、いちいち会社の人に

「今日はジム行くの?」って

バレてることも嫌でした。

 

だから早く帰りたいんだ…的な。

 

私的なジムの見解でした。

 

私の友達でも

ジムに長く通ってる方もいます。

彼女にとっては

ライフスタイルの一部とのコトです。

 

ご自分にあった無理のない

続けられる運動方法を選んでくださいね。

 

太っていた頃の、私の暗い過去のレポートや簡単なワークなどが盛りだくさん!

今すぐ無料で手に入れてください。

【学んで痩せるダイエット】無料メール講座はコチラです。

 

 

 

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

まずはメール講座から始めませんか?

無料メール講座はこちらから