ダイエットと味覚の関係

ダイエットの学校 代表の堀です。

ダイエットと味覚って関係あるんですか?

というご質問を頂きました。

今日はそのご質問にお答えしたいと思います。

 

【本日のテーマ】

ダイエットと味覚の関係

 

ダイエットと味覚の関係は

「食べすぎる」「食べすぎない」というコトに

関係してきます。

 

濃い味のおかずは食欲を増長させます。

ご飯をたくさん食べてしまいます。

 

これを防ぐには、

味の違いを感じ取ることが大切になってきます。

味の違いを感じ取るとは?

例えば「野菜炒め」を思い出して下さい。

 

キャベツの味・にんじんの味・玉ねぎの味

ピーマンの味・お肉の味

塩コショウの味・オイスターソースの味

 

ざっと考えても、これくらいはあります。

 

漠然と「おいしいな!」と考えるのではなく

この各野菜や調味料の味を

1つずつ感じるように意識するだけで

味覚神経が活発に働くようになります。

 

満足感がより得られますし

ゆっくり食べられますから

満腹中枢も刺激されるので

食べすぎも防げそうですね。

 

この味の感覚は脳にも影響しています。

 

舌を通して味を感じ、いったん脳に情報が届きます。

 

その味情報を元に、

今度は全身にフィードバックされて

ホルモン濃度や血糖値に変化を及ぼします。

 

こう見ると

味の違いを感じ取ることって、

大事なことだなと思います。

 

なんだかすごく

体にまで影響を与えているんですね。

 

冒頭に述べました「濃い味のおかず」って

疲れた時においしく感じます。

そして食べたくもなります。

 

体の疲れにも気を付けたいトコロです。

 

確かに体が疲れている時って

太りやすいですよね。

 

こんなからくりになってたんですね!

体の疲れにもご注意ください。

 

太っていた頃の、私の暗い過去のレポートや簡単なワークなどが盛りだくさん!

今すぐ無料で手に入れてください。

【学んで痩せるダイエット】無料メール講座はコチラです。

 

 

 

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

まずはメール講座から始めませんか?

無料メール講座はこちらから